見えにくいマウスピース型矯正、銀座の矯正歯科なら銀座コア歯科矯正クリニックへ

医療法人メディア
銀座コア歯科矯正クリニック

 
03-5568-0002

より美しく
  より健やかに

銀座コア歯科矯正クリニック
書籍

抜かずに治す矯正治療について
詳しく知りたい方へ

メールして情報提供を受ける
 

ブログ

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の弱点とリスクについて

マウスピース型矯正のメリットは多々ありますが、デメリットやリスク、弱点についてはあまり伝えられていません。
歯の矯正治療にマウスピース型装置を使うメリットは、歯並びを左右対称に整え、見た目に綺麗には、コンピュータを使うので正確でとても良い装置です。
しかし、歯は臓器です。
咀嚼機能のほか様々な機能を持っています。
マウスピース型装置だと咀嚼機能が低下する傾向があります。
なぜなら、頭蓋骨や顎関節、筋肉は、完全な左右対象ではないからです。
本来は、咀嚼機能とは、歯列及び左右非対称性の顎関節と筋肉が調和した噛み合わせです。
マウスピース型矯正装置は、そこの考慮がない歯列のみの設計なので見た目はいいですが咀嚼機能性が弱いんですね。

歯は臓器です。臓器は、それぞれ機能を司っています。
噛み合わせ機能とは、咀嚼機能なので、これが改善されてないと、発音、咀嚼、嚥下、呼吸、睡眠、自律神経の低下になります。
また、頸肩腕症候群にも波及したり腰痛を発症することもあります。
これは、すぐに出る方と徐々に出て生活にまで支障が出る方があります。
最終的には全身への不定愁訴となり、原因不明としてドクターショッピングになる可能性があります。
歯臓器から起こってくる全身の不調なのに、西洋医学は、末梢の症状に対応する臓器別医療を受けてしまう傾向があります。
内科、整形外科、婦人科、耳鼻咽喉科などなどへ。。。原因が歯にあるのに。。

尚、ワイヤー矯正装置は、左右非対称が弱い代わりに咀嚼機能が優先されて改善されやすいです。

故に、その人の状態に合わせてワイヤー矯正装置とマウスピース型矯正装置のメリットを併用した矯正治療が、良い結果となるのではないでしょうか。
当然ながら、マウスピースだけで治療できる症例もありますが。
なんでもマウスピース矯正で治療するのではなく適応症例を選択しないと、流行りに任せてマウスピース型矯正装置だけはとても危険ではないかと思います。

     
        
  •    
      
    前へ
       
        
  •     
  •     
      
    次へ
           
   
 

Seminar

説明会を実施しています

当院では一般的に行われている矯正治療と考え方が違うため、
治療の方針や治療の流れなどを詳しく知っていただくために説明会を実施しています。
当日はスライドを使って分かりやすくご説明させていただきます。

開催日時:随時
会場:東京都銀座、愛知県刈谷市
所要時間:2時間ほど
定員:5-15名
費用:無料

以下よりお電話でお申し込みいただけます。

03-5568-0002

当院について

銀座コア歯科矯正クリニックは
40年の歴史と多くの症例実績を誇る矯正歯科
「医療法人メディア」が運営する矯正歯科です。


アクセス

銀座コア歯科矯正クリニック
〒104-0061
東京都中央区銀座5丁目8-20 銀座コア8F
TEL:03-5568-0002
<地下鉄をご利用の方>
銀座線/日比谷線/丸の内線「銀座駅」A4出口
徒歩1分、
有楽町駅徒歩9分、
銀座一丁目駅徒歩8分、
東銀座駅徒歩4分

すぐに予約ができない方へ

矯正治療の本を情報提供実施中

初めての矯正治療では
やはりわからないことや不安がつきもの。
そこでまずは矯正治療について学びたい
という方向けに書籍を情報提供しています。
ご希望のご住所宛に郵送でお送りいたします。

メールして情報提供を受ける
 書籍